こんにちわ。亀足隊長です。
久々のUPとなりますが、山行きは順調に続いています。
心配であった股関節のシビレなども、だいぶ出現率が減り、調子に乗ってバリエーションの尾根や簡単な沢などに復帰して楽しんでいます。

やはり沢もイイですね。
不肖小生はキホン単独なので、難しい沢には立ち入りませんが、夏場は涼しく、そして静かで、山の息吹を感じることができます。
しかし不肖小生が困ったことは、脱渓した後の「下山靴」を持っていないということなんです。
なんせ日頃は、あまり「運動靴」を履く習慣がなく、山靴をザックに入れて持っていくものだから大荷物となってしまいます💦
やはり下山用に運動靴を買おうと、またまた安いものを探しはじめました。
下山に加えてアプローチにしか使わないので「安いもので充分」と思っているのです。
TESRA靴01

(テスラ)TESLA トレイル ランニングシューズ T330
AMAZONにて¥2.980


不肖小生は、トレランに縁がありません。
最近は随分と流行っているようですが亀足主義と異なりますし、所詮走れる身体でもないので・・・💦
でも山用運動靴と考えたとき、チープなスニーカーやテニスシューズよりはイイかも(?)と漠然と選んでみました。

※ここからの感想は、トレランシューズを全く知らないオッサンのものであるとご承知おきください。

素早い対応でAmazonから届きました

TESRA靴02

お?多少チープ感はあるもののマズマズかな

TESRA靴03


TESRA(テスラ)は、韓国のアウトドアスポーツメーカーだそうです。
実は不肖小生の「沢用ショートパンツ」が、このTESRA製なのです。
生地がメッシュで速乾性が素晴らしく、縫製もしっかりしていたので、コスパに優れたお気に入り装備の一つとなっています。
だからなんとなく「靴もイイんじゃないかな?」と購入に踏み切ったわけなのです。

TESRA靴04

ソールのパターンは、こんな感じです。
んが、パーターンの良し悪しなんて、見ても全くわかりません💦

TESRA靴05

見たところ、母趾のあたりから締め上げられるように感じます。
アッパーはメッシュ地、そんなに厚くないポリでサポートサれています


TESRA靴06

意外と(と云ってはナンデスガ)踵部のサポートはしっかりしています。


靴のサイズは、0.5cm単位で設定されています。
今回は下山(下り)での使用がメインなので、つま先を余らせることにしました。
また、編み上げ後のホールド感がわからず、足がつま先へズレてあたっても困るので、通常のサイズより1cm大きいものを選びました。

さっそく家履きをしてみました。
まずは靴紐を思いっきりルーズにして・・・
足入れは踵の部分にループがあるので助かります。
靴紐を編み上げていきます。
構造上そうなのですが、爪先部分はルーズになります。
クライミングシューズのようには行きません。登山靴としてもルーズかな?
母趾から甲までは、適度にしまっていきます。
不肖小生の足は細身なので、やはりつま先がルーズに感じます。
これは「だんびろ」的な人が履くと、感じ方も変わってくると思います。
靴紐は平型の紐が使われていますが、シューホールとの摩擦が大きいので、つま先側からの編み上げがやりづらいです。
シューホールにハトメでも打ったろか・・・とも思ったのですが、全部で24個も面倒くさい💦
良さげな靴紐を100均で探すか、細引きに変えようかとも思っています。
まぁ不満点といえば、それくらいでしょうか。

TESRA靴07

もちろんアプローチシューズとしても活用します。
沢靴はザックの中ですね。


TESRA靴08

さあ沢装備を解き、New下山靴に履き替えます。
靴を踵にフィットさせて、しっかりと靴紐を締め込みます。
さあ下山です。

まず感じたことは「軽い!」でした。
そりゃ、あたりまえなんですが、普段の登山靴の「重さ感覚」が残っているので、大きな軽快感が湧き上がります。
調子に乗って登山道を降りていくと・・・
おお?
意外とフリクションいいじゃないですか!
赤土や濡れた土、落ち葉の混じった土・・・
概ね土の斜面は安定してグリップするように思います。
あまり登山靴と遜色ありません!
ヨキカナヨキカナ

TESRA靴09

気になっていた前方への足のズレもなく、つま先が当たることはありませんでした。
逆につま先周辺がルーズすぎると感じるので、サイズアップは0.5cmで良かったかなと💦
まぁ、このコスパでは満足度の高いものとなりました

しかし、問題となる点もあります。
まず、防水は全く効きません。というか透水靴です。
アッパーがメッシュなので、あたりまえです。
そして、一番気をつけなくてはならない点。
それは「濡れた木には、まったくグリップしない」ことです。
絶対、濡れた木の根を踏んではダメです。
沢にかかる丸木橋を渡るのには細心の注意が必要です!

まぁUnder¥3.000の靴に、ビブラムを求めるのも何なんですから、コスパを考えてニジュウマル評価の亀足装備です。

※山使用の靴としての評価なので、外界ではナカナカ使えるかとも思っています。また、トレランシューズというものの、トレランでの評価はまったくわかりませんので悪しからず💦





付録ですが、不肖小生が夏の沢で使っている、お気に入りのテスラのショートパンツ。
生地がメッシュで乾きがメチャ早いです。
これでドボンも気になりません💦