亀足登山隊が行く!リハビリトレイル

むかし歩いたように山を徘徊したい。 無理せずゆっくりと、いつかは辿り着くであろう亀足で・・・

山登りが大好きでしたが2003年、股関節の病気を発症・・・
満足に歩くことができなくなりました。
それから10数年がたち、幸いにも重篤となることなく現在に至っています。
今も杖をついているのですが少しづつリハビリハイクを始めました。
昔のようには歩けませんが亀足なりの山を楽しんでいます。
そう、山の神様と出会うために。

娘たちと歩いた亀足隊ファミリーハイクのアーカイブがあります。
こちらからどうぞ===⇒http://kameasi.my.coocan.jp/

こんにちわ、亀足隊長です。

今年は秋田県十和田大湯で信じられないような、とても痛ましいツキノワグマの災害がありましたね。
連続して4人が亡くなり、2人が重傷を負った十和利山熊襲撃事件です。
米田一彦氏の調査報告書を読む機会があったのですが、不肖小生のツキノワグマの認識を大きく変える災害でした。
今回は、熊鈴について書いてみようと思います。
熊鈴01

不肖小生は、熊鈴を鳴らして歩くことがよくあります。
昨今、熊鈴について様々な論議があるようですね。
まずは、熊鈴が騒音だという人、鳴らしてもなんとも思わない人。
これはマナーの話ですね。
人間が複数いるところには、マナーが存在します。
結局、そのマナーを「大事にする人」か「無視する人」かの問題。
不肖小生、こんな論議どうでもいいと思ってます。
また、そのマナーを「気付かせる為」という論調は、議論にも値しません。
マナーを大事にするか無視するか・・・その人次第ってことです。
不肖小生は、人のいる(みえる)ところでは熊鈴をポケットに突っ込んでミュートしています。続きを読む

2016年1月9日に登った記録です
160109陣馬景信05

こんにちわ、亀足隊長です。
年も改まり、気持ちも改まり、改まらないのはテッペンでの呑み癖
天気もいい予報だし、絶景展望に期待を込めて陣馬山に行ってみようかなと思い立ちました。
この山も富士山がよく見えるので、やはり正月は「一富士、二鷹、三茄子」でしょ!と訳のわからないことを口にしながら、朝イチの高尾発・陣馬高原下行きバスに飛び乗りました。
よくよく考えてみると、奥高尾縦走路と呼ばれる景信山への大人気コース、いまだ一度も歩いたことがなかった
人気がありすぎて、行く気にならなかったような・・・
陣馬で絶景展望⇒奥高尾縦走路体験⇒今年も景信で呑んだくれ。
このような緻密な計画をたてたのでした

続きを読む

こんにちわ、亀足隊長です。
みなさん食物が喉を通らないときは、どうされているのでしょう。

不肖小生、朝が辛いんです😢
山に行くとき、だいたい午前3時台には起きています。
そして一日の運動に大切な朝食をとろうとするのですが・・・
これが喉に通りません
おにぎりやパンを口に入れても砂を噛んでいるようで涙が出てきます。
これは天泊でも小屋泊でも同じで、とにかくカロリーを採らなきゃってことになるのです。
そこで最近お世話になるようになったのが栄養補助食品(ゼリー)です。
とにかくこれなら、お腹の中に入れることができますもの。
栄養補助01

◎カロリーメイト-Apple味(大塚製薬)
 1袋(215g)あたり
 エネルギー:200kcal、タンパク質:8.2g、糖質:31.2g
◎ミニッツメイド「朝バナナ」(コカ・コーラ)
 1袋(180g)あたり
 バナナ2本分のエネルギー(194kcal)+1食分のマルチビタミン5種類

続きを読む

2015年12月27日に登った記録です
MIniYamatougei
151227浅間嶺01

大岳山から望む浅間嶺

こんにちわ、亀足隊長です。
2015年も暮れゆきます。今回は年内最後の山行き・・・
そうです、亀足隊の納会なのです。
しかし、リハビリトレイルの大切な相棒に故障発生。
謎の関節痛で検査を重ね、自己免疫疾患の難病と判明しました
2015年の納会は単独での山行きとなりました。
ただ、単独でテッペンの宴会やるのもどうなのよ
ということで、行きつけの下山呑み屋(ラーメン屋ですが)がある浅間嶺に決定。
そしてここには富士浅間神社があるので、テッペンから望む富士山に向かって、亀足天皇(女房殿のことです)の病気快癒と山復帰を祈願をすることにしました。
今まで股関節の具合を見ながら歩行距離を短くしていましたが、少しづつ距離を延ばして行かなくてはなりません。
そのためのステップとしても、浅間尾根は標高差・アップダウンが少なくもってこいのルートなのです。
続きを読む

こんにちわ、亀足隊長です。
前回ご紹介した激安装備 「ベルモント BS-050 10本爪アイゼン」は、しっかりしていてなかなか期待できる代物。
これはイケル!と思ったのですがアンチスノープレート(スノーガード)がない・・・
以前メーカーで製作していたようなのですが、現在では生産終了となってます。
これは大問題なのです。
アンチスノープレートなしで使うなんて考えられない。
んじゃぁ作るんべぇ。作るしかあんめぇ。

そこでまず悩むのがプレートの素材です。
とあるヤツがタッパウエアを切り抜いて作っていたけどスマートじゃないしねぇ。
強度にも不安が残ります。
そこで、Iスポーツのあんちゃんに相談してみた。
「なにやらエヴァシートというものが良いらしい・・・」との情報。
なんじゃ?エヴァシートって。

準備した材料
SnowB01
続きを読む

2015年11月28日に登った記録です
151128横瀬丸山00

パラグライダー離陸場から比企の山々

こんにちは、亀足隊長です。
ちょっと考えてみると、初夏以来、残念ながら展望を楽しめていないことに気がつきました。
天気図を見てみると、週末は高気圧がバッチリ!
それならばと、今まで行ったことのない展望の低山を歩いてみることにしました。
元気な頃は好展望とされても、あまり低山には目を向けてきませんでした
わかっちゃいるけど行ってないってところは、結構あるんですね。
少しそういった山を潰してったろかと。
そこで今回、奥武蔵は横瀬丸山を歩いてみることにしました。

続きを読む

こんにちわ、亀足隊長です。
前回書きましたように安物買いで失敗した小生は、今度こそ安物買いで成功しようと、またまたAmazonで検索を続けました。懲りてしまったらツマラナイですもの。
そこで見つけたのがベルモントの10Pアイゼン。
なんと¥5163
冬のバリルートのことを考えると10本もいいかなと。
どうせ厳冬ブーツが必要なところへは、まだ行ける身体じゃないし、軽アイに近い10本と考えればちょうどいいかもしれません。

まずはAmazonのレビューを確認しますが、最近これを信用しなくなりました。
使う人や使い方によって、評価は変わりますものね。
せめて悪評だけをチェックして、詳細の検討を始めることにします。

ベルモント BS-050 10本爪アイゼン
ベルモント10P01

材質:本体/炭素鋼SS(板厚2mm)
バンド/プラスティック
バックル/ABS樹脂
サイズ:本体/幅95mm、全長220~340mm
対応靴底サイズ:22.0~33.0㎝
重量:本体/592g
¥5163


続きを読む

2015年10月31日に登った記録です
151031景信山01

こんにちは、亀足隊長です。
朝の単独高尾山リハトレも順調にこなしてきました。
お陰様で大分調子もいいようです。
また必ず下山後にくる痛みやシビレの程度もわかりました。
コレぐらい歩いたら、コレぐらい反動がある…
主治医のセンセに話しながらなので、無茶はやっていないつもりです。
むしろトレーニングというより、自分の身体を知るには良い高尾山となっていました。
しかし…ある程度わかると高尾山だけでは物足りなくなってくるのも心情。
前回から小仏城山・景信山まで足を延ばしだしたのです。
そして今回、亀足天皇(女房殿のことです)を誘ってのリハトレとあいなりました。
亀足天皇におかれましても、良いフィットネスとなることでしょう。
しかし景信山頂には、悪〜い、わる〜い誘惑があったのです。
あれ?なぜか小生のザックが重い

続きを読む

こんにちわ、亀足隊長です。
今回は、低山の雪シーズンを前に季節ネタでいきましょう。

小生毎度のごとく、暇さえあればAmazonで激安装備を探しています。
ブランド物の装備が嫌いなわけじゃありません。
好きなブランド、こだわりのブランドもあります。
そして価格が「高いものが良いもの」ではなく、「良いものは高い」とも思っています。
さすがにレインウエアや山靴、ザックはレベルを落とす気にはなれませんが、「機能・性能」が想定する小生の山行内容に足りるものであれば安価なものを探す・・・
これって結構たのしいんですね。

で、良く聞かれるんです。
「そんなもので大丈夫?」
いやいや使ってみなければ分からないので、小生自身も「大丈夫?」と思って買っています
「安物買いの銭失いをしたことないの?」
・・・あります。あるんです。

今回は、恥ずかしながら安物買いの失敗例をご披露いたしましょう

「プレイズ 18本爪 アイゼン スノースパイク」
プレイズ18P01
強ステンレス素材 両足336g ¥2180

続きを読む

2015年10月10日に登った記録です。
151010伊豆ヶ岳01

こんにちわ、亀足隊長です。
高尾山、朝のリハビリトレーニングはちゃんと続けていました。
少し物足りなくなって、景信山まで足を延ばすようにもなりました。
なかなか順調なのでチョイトいい気になって、昔のように「テンペンで酒」が復活しちゃってます
リハトレは電車アプローチのうえ単独なので、どうしても飲みたくなっちゃう。

亀足天皇(女房殿の事です)と行く山・・・
さぁて、どこで飲もうかな。
てな発想で計画するようになってしまいました
そういえば正丸峠の茶屋、随分といってないなぁ。
そこはジンギスカンが美味しくて、秩父錦にあてて酔っぱらえるお店。
正丸駅までまだ小一時間ほど下山しなければならないのに、真っ暗になるまで飲んだくれていたことも・・・
平成12年以来となるから・・・かれこれ15年も行っていないことになりますなぁ。
今回の企画は「長い鎖で遊んだあとにジンギスカンで乾杯」ということに決定
茶屋のオバチャン姉妹は元気かな~?
続きを読む

↑このページのトップヘ