亀足登山隊が行く!リハビリトレイル

むかし歩いたように山を徘徊したい。 無理せずゆっくりと、いつかは辿り着くであろう亀足で・・・

タグ:・小説

こんにちわ。亀足隊長です。
久々に面白い本を見つけました。
奥秩父は両神山の麓に繰り広げられる、人間と狼の葛藤のストーリーです。
実際、地元で犬神や山犬ともよばれ伝説や生存説の多い「ニホンオオカミ」が題材となれば、不肖小生が読まないわけにはいきません。
そして奥秩父は、よく知る大好きな山域です。
情景がリアルに浮かぶので思わずストーリーに引き込まれ、一気に読みあげてしまいました。
「WOLF」柴田 哲孝
2017年
KADOKAWA
文庫: 496ページ

BookWolf

続きを読む

こんにちわ。亀足隊長です。
今回は、お気軽な本の紹介です。

「脱獄山脈」太田蘭三
1978年
祥伝社/角川文庫/光文社文庫

Book脱獄山脈

不肖小生は、あまりミステリーは読まないのですが、この本には楽しませてもらいました。
ミステリーとしての評価がどうなのか分かりませんが、少なくとも山を歩く人には楽しめる本だと思います。
奥多摩好き、奥秩父好き、後立山連峰好きの小生は、大ハマリとなりました。
肩ひじ張らずに、お気楽に読める一冊です。
そうですね、入院中なんかにいいかもしれません
しかしミステリー小説のタイトルは、どうしてこうもベタなんでしょうかね。
分かりやすいっちゃぁ分かりやすいんですが、こっちが気恥ずかしくなるぐらいデスネ。

続きを読む

こんにちわ、亀足隊長です。
今回は、不肖小生が大好きな登山家に関することについて書こうと思います。

加藤文太郎。大正から昭和にかけて活躍したスーパーマン。
この登山家については多くの方々が分析・評価や解釈をしていて、様々な捉え方で論議もされているようです。
そのどれをとっても、なるほどと思うものばかりです。
しかしここでは、不肖小生が好きな小説や随筆をもとに「独りよがりの文太郎像」を書かせていただきましょう。
それらの本は、誰もが読まれている代表的なものなのですが・・・

Book文太郎01

加藤 文太郎(かとう ぶんたろう)
1905年(明治38年)3月11日 - 1936年(昭和11年)1月5日
兵庫県美方郡浜坂町出身
当時パーティーを作って登るという常識を覆し、
単独行によって数々の登攀記録を残す。
またその頃の登山は、猟師などのガイドを雇う高級なものだったが、
一介の設計技師でありながらアルピニズムを追求したことは異色であった。



続きを読む

↑このページのトップヘ